家などの不動産価格を査定してもらった後、その後いかがですかと何度も不動産業者から連絡が来て対処に困るという話も聞きます。
そんな時にうまく断れず、どこも同じようなものですよの言葉を鵜呑みにしたりして、比較もせずに漠然と最初の会社に決めてしまったケースも実は少なくありません。しかし、不満がある場合は固辞すべきです。複数の会社に依頼が行けば断られる会社の方が多いのですし、遠慮することはありません。

不動産会社が査定額を算出するために行う査定方法には、簡易査定と訪問査定の二種類がありますが、所要時間も変わることを留意しておきましょう。簡易査定については、30分から1時間で結果が算出されます。

さて、訪問査定に必要な時間ですが、実際に物件を見て回るのは長くても1時間かからないでしょう。とはいえ、役所や関係省庁のもつ資料に対しても査定の範囲を広げるため、数日はかかってしまうと考慮してスケジュールを組んでおいてください。不動産を売る時には査定を受け、比較検討するのがベストなのですが、どれくらいの会社から査定を受けて比較すればいいのか分からず、躊躇している人も多いようです。難しい問題ですが、三社は受けておいてください。
あまりにも少なければ相場が把握できないので、提示された査定額が、相場より高いのか低いのか知らずに仲介業者と契約を結んでしまうかもしれません。
ただ、あまりに多い業者に査定をお願いしても、どこを選んだらよいのか分からなくなってしまいますから、まずは三社の査定を受けてから、査定を続けるかどうかを決めるのが良いでしょう。