それぞれの不動産会社でどうして査定額が一律にはならないのでしょうか。その原因は、それぞれの会社で異なる売買のノウハウがあり、独自の査定基準をチェックして見積もりを出しているからです。

このような特徴から、査定を依頼するのなら、一社ではなく、何社もの不動産会社から査定額を出してもらえるようにして下さい。
マンションが売れない理由を考察してみます。
まず、他のマンションと比較して価格が高く設定されすぎているのかもしれません。価格が原因なら、内覧会時の客数もあまり伸びません。相場に合わせて価格を再度見直す必要があります。

それから、契約した不動産屋がマンションの販売促進活動をほとんどやっていないケースです。

仲介契約時には、レインズに登録しているかどうか確認しておきましょう。
ご存知のように、不動産会社というと物件の売買の仲介を行い、買い手と売り手をマッチングさせる業務が一般的ですが、不動産会社の業務内容によっては、直接買取をしてくれることもあるのです。
どうするのかと言うと、物件を買い取ってくれるところへ査定をお願いし、買取価格に不満がなければ、物件を業者に売って、売却完了です。

仲介での売却を選んだ場合、買い取ってくれる第三者を探す時間が必要ですが、買取ならスムーズな売却計画が立てられます。
不動産の任意売却について語られるときには利点を中心に解説されることになりがちなのですが、あまり語られないだけで、マイナスの要素も少なくありません。任意ということは当然、競売のような強制売却方式ではないということなので、少々面倒な手順を踏む必要が生じてしまいます。金融機関などと交渉して、様々な手続きを行う必要がありますし、購入を希望される方の内覧には立ち会わなくてはならず、結構な負担になってしまいます。
しかもなんと、これだけの手間が必要でありながら、絶対に売れるとは限りません。
税金はマンションを売却した際にもかけられることが考えられます。

この税金は譲渡所得税と呼ばれています。

マンションを買ったときより高額な値段で売ることが出来た場合、その利益分にかかってくる税金が譲渡所得税ということになります。

ただ、譲渡所得税は自分が住むための住居を売った際の特別控除などがありますから、売るまでは生活していたマンションを売ったというケースでは譲渡所得税がかからない事例がほとんどと言っていいでしょう。